日光下駄「紬シリーズ」星ひでお「日光下駄と草木染作品展」より

2018/6/13

「下駄をシンプルにスタイリッシュに履きたい」という人。

「鼻緒があまりに派手だとちょっと…。」という方もいますよね。

そんな方に是非履いて欲しいのが紬の鼻緒の日光下駄。

日光下駄の伝統工芸士である星ひでおの「紬シリーズ」をご紹介します。

紬(つむぎ)とは、蚕の繭から糸を引き出し、ヨリをかけて丈夫な糸に仕上げ、それを織った反物のことを指します。

結城紬(ゆうきつむぎ)や大島紬など、織られる地域によってもさまざまな特色がありますが、その素材感からも身につける人の個性を表現できる反物だといえるでしょう。

紬は絹であるのにも関わらず、一般的にイメージされるような絹の光沢はありません。

さらに色合いが渋めのものが多く、主張のない上質な反物であることからも上品に趣味の良さを主張できる粋な反物として広まっていきました。

お着物での街歩き用や夏にお洋服と合わせてもしっくりくるので、隠れたお洒落を楽しみたい方に。

今日現在で、お取り扱いのある紬の鼻緒の日光下駄は2つ

裏地が若葉色の紬の鼻緒。

そして裏地が小紫の紬の鼻緒

裏地の色によっても、印象がだいぶ違いますよね。

現在、残りの在庫も少なくなってきた日光下駄。

これだけの数の日光下駄が見られる希少な機会です。

星ひでおの「日光下駄と草木染作品展」は6月30日まで。