藍の鞄シリーズ。星ひでお「日光下駄と草木染作品展」

2018/6/7

夏らしい気候となった日光。

雨が続くと思いきや、しっかり晴れています。

現在吉見屋では、6月30日まで日光下駄の伝統工芸士である星ひでおさんの「日光下駄と草木染作品展」を開催中です。

今回、かなりの作品点数を持ってきていただいているので、とても見応えのある展示となっています。

星さんといえば、一番最初に思い浮かぶのは日光下駄なのですが、草木染めの作品も素晴らしい。

本日は、その中からこれからの季節にとても似合う「藍の鞄シリーズ」をご紹介。

星さんの使用する天然藍と合成藍を使用した「すくも」で染められた鞄。

デザインは、星さんが型紙をおこして作った作品となっています。

藍染を独学で学んだからこそ、できた大胆でしっかりとした作品。

今回は、その一部をご紹介。

普段のお洋服にも合わせやすく、お着物でも合わせやすい鞄たち。

生地には頒布などを使用しており、熱湯がけや洗濯を行い不純物をしっかり取り除いてから染められています。

星ひでお「日光下駄と草木染作品展」は2018年6月30日まで吉見屋にて開催中。