黄金の比蜜 山栗シリーズ

2017/10/20

昨日ご紹介した黄金の比蜜ですが、今回吉見屋に入荷してきたのは全部で10種類。

ミツバチたちが採取してきた植物や地域によってタイプが分かれており、見た目も味にも楽しめるハチミツです。

本日は、そんな黄金の比蜜から山栗シリーズをご紹介します。

今回入荷してきた山栗シリーズは、花咲と川田の2種類。

栗のハチミツは、6、7月頃に咲く栗の花からミツバチたちが採取してきたハチミツです。

栗の木は縄文時代から栽培されてきた、日本人とは付き合いの長い落葉樹です。

栗の実は食用になり、材木は食器や家具になり、そして蜜はハチミツとして人気を得ています。

しかし栗の木は採取の時期が雨季であることや、国内の栗の木が年々減少傾向にあることからも採取が難しくなってきている貴重品。

また、同じ山栗のハチミツでも、全く違う味が楽しめるのが花咲と川田。

川田は、花の香りが口いっぱいに広がりオレンジのような柑橘系や果実系の香りが最後まで残るような味。

そして花咲はナッツや栗の実のような香ばしい味の後に、オレンジピールのようなほろ苦い甘さと渋みが後味として残るハチミツです。

山栗のハチミツは個性が強いため、好き嫌いが大きく分かれると言われていますが、好きな方にとっては病みつきになってしまうような癖のある味わい。

ブルーチーズやライ麦パンなどとの相性が良さそうなハチミツです。

国外の栗ハチミツよりも優しい味となっていますので、海外産の栗ハチミツが苦手という方にもおすすめです。

黄金の比蜜 山栗川田¥1200-(Tax込み)

黄金の比蜜 山栗花咲¥1200-(Tax込み)

吉見屋店内でテイスティングもできます。