affordance展スタートです

吉見屋のオープンと共に、革鞄と革小物の手作り工房ブランドaffordanceの「革カバンと小物展」もスタートしました。

affordanceとは、アメリカの知覚心理学者であるジェームズ・J・ギブソンによる造語であり、環境が動物に対して与える意味のことを指しています。

日本語にはない単語なので、イコールで紐づく的確な言葉はありません。

英和辞書を引いてみても

“知覚や行為をうながすものとして環境が内包している一種の力。”

と説明されています。

日本語にはない言葉。捉えるのが難しい。

頭で理解しようとせずに

affordanceの革カバンや革小物をみて、言葉の意味を感じてもらえたらと思います。

affordanceの革は、日本で作られている植物タンニンなめしの牛革をベースにしたオリジナルとなっており、国内のタンナーさんがaffordanceのために作っています。

そして、作家・小川弘記氏の手によって革本来の風合いを生かしたaffordanceの鞄や小物が生み出されます。

affordance「革カバンと小物展」2017年6月30日まで吉見屋にて展示。